ポケモンGOのゲーム攻略情報サイト

オススメNEWS

【ポケGO】android位置偽装ユーザーが完全に撲滅される未来が確定的になった?

2017.03.13

1件


ポケモンGO最新情報!ナイアンティックサイドからのブロックという事ではなくて、アンドロイド自体で位置偽装に該当するものが使えなくなる、というお話みたいですね♪といっても、アップデートを了承しなければ良いだけというような書かれ方もしていますので、今の機種が推奨端末から外れれば自動的に淘汰される。という事になりそう。

▼Pokemon GO Hub twitter▼

▼ページ訳@グーグル翻訳▼

近い将来のように、GPSスプーフィングは過去のものになるでしょう。 Android 7.1のコード変更によれば、GPSロケーションを擬似(疑似)するアプリケーションは、Androidのロケーションサブシステムからその事実を隠すことができなくなります。

以前のバージョンのAndroidでは、偽のGPSアプリはユーザーにGPSの場所を知らせることなくユーザーの場所を変更することができ、そのようなアプリの使用をPokémonGOが検出することは不可能でした。

この悪用はAndroid 7.1で修正されました:

場所が虚偽であったという事実を隠すことができる脆弱性を修正
am:a206a0f17e am:d417e54872 am:3380a77516
am:0a8978f04b am:1684e5f344 am:d28eef0cc2
am:1f458fdc66 am:d82f8a67fc am:1ac8affd51
am:56098f81b6 am:7cec76de0f
am:2da05d0f9e
早期導入者からは、このセキュリティ更新プログラムが以下のデバイスでGPSスプーフィングを無効にしているという報告が既にあります。

Nexus 6P / 5X
明らかに、このパッチはGoogleの3月のセキュリティアップデートの一部であり、Androidのバージョンが低い(6.0.1)場合、同じセキュリティアップデートを受け取る可能性があるという指摘もある。

時間が経つにつれ、私たちはこれを監視し、コミュニティを更新します。

考察と含意

もちろん、この変更によって世界中のGPSスパイファーダーが無効になるわけではありませんが、今後数ヶ月で潜在的なスパイファーの数は確実に減少します。現時点では、現時点でGPSスプーフィングを使用しているプレイヤーは、アップデートをオプトアウトし、Androidバージョンをそのまま維持することができます。

もう一つの寄与要因は、Androidの採用が遅く、多数のデバイスがアップデートサイクルから外れていることです。現在のAndroidバージョンの採用統計情報の内訳は次のとおりです。

Androidバージョン7.1は0.4%のデバイスにインストールされています
Androidバージョン7.xは2.4%のデバイスにインストールされています
Androidバージョン6.xは31.3%の端末にインストールされています
Androidバージョン5.xは32.5%の端末にインストールされています
Androidバージョン4.4は20.8%の端末にインストールされています
残りは4.3以下のバージョンです
明らかに、この修正は、Androidベースの更新を決定すると思われるシナリオで、ユーザーベースの一部に影響を与えることになります。

しかし、それはまだ始まっており、6.0.1ユーザーでも偽装することはできないという報告がいくつかあります。つまり、このパッチがより低いバージョンのAndroidにインストールされる可能性があります。

関連リーディング:2017年、GPS SpoofingはPokémonGOの本気である

RSSキャッチ




▼コマさんコメント▼

コマさん

まだまだ先の話だとしても、将来的に撲滅がほぼ確定的みたいズラ!


▼話題の記事▼

 

ポケモンバナー

  1. 名無しのポケモントレーナーさん より:

    はいはい、見事にセキュリティパッチ最新で位置偽装できなくなりましたよ。メシウマだろなw
    ま、iosまでは対策できないのでそちらで偽装さしてもらってますけどねwww

内容に問題なければ、下記の「投稿する」ボタンを押してください。

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

ツイッター

カテゴリー